未分類

前置詞周期表の話

未分類

前置詞にも周期表がある!

前置詞は英語(だけでなく全言語)の元素ならぬ言素だと言えます。だから、化学の世界の周期表が言語の世界にも当てはまると思われます。化学の世界では、物質の基礎を成す元素が周期的な特徴を持ち、1つの表上に並べられるのに対し、言語の世界では、文の基礎を成す前置詞が周期的な特徴を持ち、1つの表上に並べることができるのです。英語の前置詞の場合の周期表を紹介します。これは、半分遊び発想ですが、半分真剣な試みです。英語前置詞の奥深さを味わってください。

前置詞周期表

 

  1. 前置詞番号(prepositional number)1番がofで、38番がover。ofは前置詞の王様(全前置詞の代表格で使用頻度も最も高い)なので、前置詞番号1番であるのは納得できる。overが最後なのは、overは「終わり」を意味する副詞があるから。→ The storm will soon be over.(嵐はすぐにやむだろう)
  2. 縦に9つの「族」(family)があり、同じ族に属する4つ、または、5つ(I族およびIX族の場合)には、共通のコンセプトがある。I族は始め、IX族は終わりを暗示する。以下、やや詳し目に解説する。[以下の(  )内は族の番号、番号の直後は共通コンセプト]

(I)原始⇒はじめを暗示する前置詞:ofは前置詞番号1番で「原始」atは0次元(=点)を表し、beforeは「…の前」を表し、ともに「始め」の概念と関わっている。宇宙の原初は混沌としたaboutな状態である。最後に、物事は下位から上位へ発展するので、underは始めの状態を暗示する。

(II)接触⇒onとontoは、それぞれ接触の状態と接触の動作を表す。aroundには、a

story built around a new plot(新しい筋を元にして作られた話)のようにbased onの意味を持つ。below(下に)はon(上に)に意味的に対応するのでonの仲間。

(III)内外⇒inとwithinは「内」を表す代表格で、across(超えて)は外へ出るイメージ、withoutは既に外に出ているイメージがある。

(IV)時点⇒byとuntilは、それぞれ時点を表す表現を伴う。alongには米口語で「時間的に近づいて」の意味があり、along about midnightやalong toward midnightと言えば「真夜中頃」の意味となる。between A and BのAとBに時点を入れれば、「A時からB時まで」という時間を表す。例えば、I will be here between 10 and 12.で「10時から12時までここにいます」の意味となる。

(V)共有⇒withがまさに共有を意味する中心的前置詞で、throughは共有のための手段、nearはもう少しで共有すること、amongは既に共有した結果を暗示する。「もう少し」を意味するnearの用法は、She is near tears.(彼女は今にも泣きそうだった)やThe house is near completion.(家はほとんど完成だ)に見られる。

(VI)起点⇒fromが起点を表す代表的前置詞で、sinceは完了形とともに用いる起点の前置詞。besideはby side(脇にいる)から発展した前置詞で、これから何かが始まるという暗示があり、besidesは、この前置詞から発達した前置詞。

(VII)賛否⇒forは「賛成」を表すのに対し、againstは「反対」を表す。例えば、I am all for her proposal.は「私は全く彼女の提案に賛成だ」を意味する。duringはdure(続く)の現在分詞が前置詞化したもので、「続けること」は賛同を暗示する。beneathには「人にふさわしくない、品位に関わる」の意味があり、賛同しないことを暗示する。例えば、Such conduct is beneath you.は「そのような行為はあなたの恥だ」を意味する。

(VIII)接近⇒toとtowardは接近を表す代表格で、toは到達も暗示する。behindは「背後に」という意味があり、何かが迫っているニュアンスも持つ。aboveは何かに接近して、それを通り超えたイメージを持つ。例えばHis behavior is above praise.で「彼の振る舞いは褒めきれないほど立派だ」の意味になる。

(IX)分離⇒offは当然ながら分離を表す代表的前置詞。intoは結果を表し、これまでプロセスとの分離を暗示し、afterは始めのころの状態との分離を暗示し、beyondは時間・空間・限界からの分離を暗示する。overは分離させたものに覆いかぶさる(そしてすべてを終わらせる)イメージを持つ。

  1. 横に5つの「周期」(period)があり、それぞれの周期に特徴があり、しかも、意味が左から右へ展開・発展している。第1周期では、実際に歴史的にofからoffが分化した。第2周期は基本10前置詞のうちofを除いたものが集合している。at(O次元)→on(1次元・2次元)→in(2次元・3次元)と次元的発展があり、from(起点)→for(目標)→to(接近)→into(結果)と、物体の移動や物事の論理的展開の順序になっている。第3周期は主に時間的展開を示す前置詞群であるのに対し、第5周期は主に空間的展開を示す前置詞群である。第4周期は、最初の4前置詞がaで始まり、後の4前置詞がbで始まる。そして真中はほぼアルファベットの真ん中のnで始まる前置詞である。
  2. ofとoffについて:対照的な意味関係があるので、I族とIX族にそれぞれ配置される。下記8の(a)参照。
  3. 第2周期と第3周期の前置詞の組み合わせに関係性がある。用法の違いに注意すべき前置詞群である。特に、inとwithin、byとuntil、fromとsince、forとduring、toとtowardの違いに注意すべきである。
  4. I族とIX族の間、II族とVIII族の間、III族とVII族の間、IV族とVI族の間に関連性がある。I族のbeforeとunderに対し、IX族のafterとoverがそれぞれ対応する。II族のコンセプト「接触」とVIII族のコンセプト「接近」は「接」という共通項がある。III族のコンセプトとVII族のコンセプトは、それぞれ「内外」と「賛否」で、対照的な漢字を組み合わせている点で共通している。IV族とVI族のコンセプトは「点」が共通項である。
  5. 同じ周期で隣同士に関連性があるものが存在する点にも注意。第1周期のofとoff、第2周期のat, on, in、第4周期のaboutとaround、第5周期のunderとbelow、betweenとamong、aboveとoverなど。
  6. 前置詞は36個が重要であるが、この周期表では、offとontoが加わって38個となっている。offとontoの存在意義を示しておく。

(a)   offは14-5世紀にofから分化し、17世紀以降現在の形になった。現在ではofが「離れていないこと」(=所属・部分)を主に担当するのに対し、offは「離れていること」(=分離・離脱)を表す。

(b)   ontoはonで曖昧になる状況を解決する。例えば、He jumped on the stage.は「ステージに跳び上がった」と「ステージでジャンプした」の2つに曖昧であるが、He jumped onto the stage.は前者の意味だけを表し、曖昧性が消える。

 

品詞曼荼羅の中心は前置詞

未分類

■英語品詞界の中心に前置詞が君臨している!

前置詞が英語の品詞の中心に堂々と鎮座しているという話をしましょう。仏教の世界に曼荼羅というものがありますが、特に、金剛界曼荼羅という9つのセルからなる曼荼羅が知られています。最近は、この曼荼羅を宗教的な目的だけでなく、能力開発にも利用しようとする試みがあります。英語前置詞普及会では、この曼荼羅上に品詞を配置すると、前置詞が真ん中に来ると考えています。以下に、英語の品詞曼荼羅を紹介しましょう。

英語の品詞曼陀羅

 

  1. 前置詞が曼荼羅の中心である。いわば、英語9品詞を統一する英語界の大日如来。なぜなら、前置詞は、4大品詞(内容語を生み出す品詞:名詞、形容詞、副詞、動詞)と全て関わるからである(例→interest in… / afraid of… / away from… / concentrate on…など)。だから、この4品詞は前置詞に接している。
  2. この4大品詞に関連する重要品詞が、曼荼羅上で右回りに置かれている。例えば、名詞の右に代名詞(=名詞の代わりをする品詞)、形容詞の下に冠詞(=形容詞的な役割を持つ[←名詞の前に付くから]機能語)、副詞の左に接続詞(=文を接続することは意味的・構造的に副詞的)、動詞の上に助動詞(=動詞を助ける品詞)がある。
  3. 内容語になる4品詞が十字に、機能語になる4品詞が4隅に配置されている。
  4. 内容語は、前置詞を挟んで、名詞と副詞が縦に、動詞と形容詞が横に配置されている。これは、名詞と副詞は直接関係がなく、また、動詞と形容詞も直接関係がないことを図で示している。しかし同時に、前置詞にこの2者を関係づける能力があることも示している(例→out in the garden [副詞+前置詞+名詞句] / sure of succeeding… [形容詞+前置詞+動詞句])。
  5. 右上の代名詞と左下の接続詞を除いて、冠詞から左回りに進むと、文における品詞の出現順になっている(冠詞⇒形容詞⇒名詞⇒助動詞⇒動詞⇒副詞:例→An intelligent person can learn quickly)。
  6. 副詞と接続詞の関係性について:①I want to learn English, so I will go to the U.S. to study it.[=②Because I want to learn English, I will go to the U.S. to study it.]において、①の場合は、I want to learn Englishがsoで代表されてI will以下の文を意味的に修飾していると言え、②の場合は、Because I want to learn Englishが、まさに、構造的に副詞節として、I will以下の文を修飾している。さらに、副詞に接続の機能がある接続副詞というものがある。①と②の場合は、thereforeを用いて表すことができる(→I want to learn English; therefore, I will go to the U.S. to study it.)。

品詞として独立していながら、品詞曼荼羅に入っていない品詞が1つある。それは、間投詞(interjection)である。間投詞は、感情のまま発するOhやOuchなど、さらには、擬声語・擬態語など、音や雰囲気をそのまま感覚で表現する語も含め、およそ、かなり原始的な言葉なので、曼荼羅には入らない。文の要素(=文に不可欠なもの)でもなく、修飾関係も持たない独立した言葉なので、互いに関連することを特徴とする品詞にはなじまない。

英語の品詞曼陀羅2

(1)  □の枠で囲んだ品詞(助動詞・動詞・接続詞)は「心」と関連が深い品詞

助動詞はwould you…?で依頼、Shall I…?で提案を表せるので、心と関係が深いし、また、動詞をそのまま発すると命令になる(→Leave me alone; Beat it.)ので、心と関係が深い、さらに、接続詞は、順接・逆接の意味を表すので、心の持ち方・考え方(論理思考)と関連が深い。

(2)  イタリックで示した品詞(代名詞・形容詞・冠詞)は名詞を修飾する品詞

代名詞は、人称代名詞の場合、所有格が名詞を修飾する(→my book; your mother…)し、指示代名詞と同じ形の指示形容詞はもちろん名詞を修飾する(→this pen; that man…)。

(3)  赤字で示した品詞(名詞・助動詞・動詞)は修飾の機能を持たない品詞

(4)  青字で示した品詞(形容詞・冠詞・副詞)は修飾の機能を持つ品詞

以上のように、特徴的な位置に、関連する品詞がまとまっている。